不動産名義変更を“弁護士に依頼するケース”はどんなもの?

不動産名義変更を弁護士に依頼するケースとは、一般的にもめ事に発展した場合と考えがちですが、それでは手遅れになることも。

弁護士は相談役だと捉えておきましょう。

■法的なルールに則っておく必要があるもの。

不動産名義変更といっても、相続に絡む問題もあれば贈与や離婚、不動産物件の売買など、いろいろなケースがあります。

単純にこれらの問題でもめ事が起こらなければ法律事務所(弁護士)に依頼する必要はありません。

ただし法的にきちんとしたケジメをつけておきたいということであれば、弁護士に入ってもらって間違いのない手続きを踏んでおく必要があります。

離婚のための不動産名義変更(贈与)などもその好例といえるでしょう。

気になる記事はコチラ⇒https://news.mynavi.jp/article/20150722-a693/

■“とりあえず法律事務所に”という姿勢が大事。

不動産名義変更の手続き自体は司法書士が行なってくれますが、そこに至るまでのプロセスで弁護士の介入が必要と感じたら、とりあえず法律事務所を訪ねてみましょう。

法律事務所には無料相談の日程を設けて定期的に開催しているところがあり、メールでも簡単に相談できるようになっています。

先にお話ししたように、弁護士に依頼する案件は多岐にわたりますが、事がこじれる前に“まずは相談してみる”という気軽さが必要です。

■弁護士に相談するかどうかは、事の重大さの大小で決めるものではない。

不動産名義変更が絡んだ場合は“とにかく相談”です。

「法律は知っている人の味方をする」と専門家は言います。

普段は法律などを前提に行動することのない私たちですが、とくに不動産名義変更が絡んだ場合には、すべてが法律の取り決めに支配されます。

弁護士は法律を知らない人の相談役でもあるので、事が深刻化する前に何でも聞いてみることです。

Comments are disabled