遺産分割協議書と不動産名義変更の関係とは?

遺産分割協議書は法定相続人が複数になる場合に、事前に個々の相続取り分を記しておく書類です。

自営業の方が被相続人となる場合には注意が必要です。

■遺産分割協議書は遺産の取り分を記した書類。

遺産分割協議書というのは、遺産を相続する権利のある親族(法定相続人)が、事前に協議をしてそれぞれの遺産の相続分を取り決めておくものです。

法定相続人が少なく、もめ事に発展する可能性が少なければスムーズに運びます。

相続人が多く、不動産名義変更の対象となる物件に複数の抵当権が設定されている場合などは、決着をみるまでに時間がかかります。

■故人が自営業の場合はとくに注意が必要になる。

遺産相続・不動産名義変更にあたっては、故人しか知り得ない事情が絡んだ案件が横たわり、それが原因で前にすすまなくなることがあります。

相続できる遺産の中には、プラスもマイナスもあり、負債総額のほうが多いケースもあります。

とくに自営業の方の不動産名義変更には、結果的にマイナスになるような遺産相続もあります。

相続人が負債を背負うことにもなるので注意しましょう。

■不動産に絡む抵当権がどのような現状にあるのか。

不動産名義変更には期限がありません。

名義人が亡くなってからでも名義変更をせずにやり過ごしても違法ではありません。

遺産分割協議書をまとめるまでに、故人が所有していた不動産の実態を調べておきましょう。

不動産の売買契約書があれば、司法書士に依頼し調べてもらえます。

Comments are disabled